ありがとう ありがとう ありがとう

昨日、

父の葬儀が滞りなく終了致しました。



父の85歳お誕生日を翌日に控えた

1月17日(火)の夜、

病室の父のベッド脇に家族が集まり

「あと2時間で85歳のお誕生日やね」 

「この様子ならお誕生日は迎えられるよね」

・・・ なんて 言っている時



CIMG6277.jpg



穏やかに眠るように逝ってしまいました。



15日(日)、

お医者様から厳しい状況になって来たので

心の準備をしておいて下さいと言われ

覚悟をしていたつもりだったけれど・・・・・



いざ現実を前にすると

何とも言いようのない大きな悲しみが押し寄せ

まるで小さな子供の様に泣きじゃくるばかり。



「ありがとう」 を伝えるのが精一杯でした。



これは

ひ孫にあたるコタが父宛に書いた

メッセージ。



CIMG6273_201701192053458c5.jpg



家族みんなの想いを書いたメッセージと共に

父は空へと旅立ちました。



お父ちゃん、

深い愛情で私たち家族の事をずーっと包んでくれて

今まで本当に ありがとう。



CIMG6279_201701192053478fb.jpg



これからも私達の事を見守ってね。



ここ数日間 バタバタと忙しくしていた我が家。



そんな私達の事を気遣うように

モコスマシャロンはとってもお利口に

お留守番を引き受けてくれました。



キミ達にも お礼を言わなくちゃね。



IMG_0582_201701192053439a4.jpg



ありがとう。




 モコスマシャロンブログはランキング参加ちぅ。

下のバナーどちらかをポチッとしていただけると
わたしのヤル気スイッチが入って
すんごく頑張れま~す 

こちらか  
にほんブログ村 犬ブログ コーギーへ
にほんブログ村
こちら 
にほんブログ村 犬ブログ ゴールデンレトリバーへ
にほんブログ村

なんならこれもお願いします



 ありがとうござました  



関連記事

コメント

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

お父様のご冥福を心よりお祈りいたします。

ご家族に見守られて、安らかに逝かれたとのことで、少しだけ安心しました。
シャロンちゃんに初雪遊びを経験させてあげようと、
その日を旅立ちの日に選ばれたのでしょうか。

シルバーデーの水曜日にモコお母さんたちと一緒にお買物に行かれていた頃の姿を思い出しました。

しばらくはお忙しいでしょうが、お疲れ出されませんように。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

v-318鍵コメさまへ
暖かいお心遣いありがとうございます。
父はいつまでも私たち家族の事を
見守ってくれている事でしょー
そして、父が安心出来るように
母を支えて行こうと思っています。

お父様のご冥福をお祈りいたします。
家族皆んなとお誕生日を迎えられて逝かれたんですね。
コタ君の可愛らしいお手紙を見て涙が出ました。
ひ孫に会えてお幸せてでしたね。
モコ母さん、お辛かったですね。
親のほうが先に逝くとわかっていてもその時になったら辛くて寂しくて子どもに戻って泣くばかりでしょうね。
お身体 気をつけてくださいね。

No title

v-318チャヌママさまへ
ありがとうございます。
シャロンの雪遊びデビューを無事に終えるまで
父は待ってくれていたのでしょーね。
家族想いの父らしいです。
今まで父と一緒に過ごした時間が全て懐かしくてなりません。
シルバーデーも毎週楽しかったです。


No title

v-318鍵コメさまへ
ありがとうございます。
最期まで家族を深い愛情で包んでくれた父、その父を深く愛していた家族全員に囲まれて父は最高に幸せな人生だったと思います。
父とお別れし悲しみにくれて家に帰ると
いつも通り愛らしくお迎えをしてくれたモコスマシャロンに
どれだけ助けられた事か・・ワンコさんの存在って素晴らしいですね。

No title

v-318ケンママさまへ
ありがとうございます。
いつか自分の親とのお別れが来る、そしてその時が近づいていると
心の準備をしていたつもりですが・・・
やっぱり現実になると悲しみが止まりませんでした。
コタは上手にお手紙を書いてくれましたよ。
きっと父も喜んでいると思います。

No title

文面とお写真からもお父様のすばらしいお人柄がとても伝わります。
ご家族皆さんに見守られながら穏やかに旅立たれたのですね。
私はもう両親ともにおりませんが、順番とは言え肉親の死は本当に辛いものですね。
どうぞお疲れが出ませんように。

お父様のご冥福を心よりごお祈りいたします。

No title

v-318さよさまへ
ありがとうございます。
この年になるまで親が近くに居てくれたので
その事が当たり前のように思っていました。
・・・が、やっぱりお別れが来てしまいました。
頭では分かっていても寂しいですね。
そんな寂しさをモコスマシャロンが紛らわせてくれて 
とっても有り難い存在です。